釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ スズキと目が合う!?

RSS

スズキと目が合う!?

2012/03/28

名前
中村 幸春
釣果
スズキ 5匹
釣行場所
広島湾
日時
3月16日
フィッシングスタイル
ボートシーバス
タックルデータ
タフビートシーバス10lbs(0.6号)(GOSEN)

コメント

日付間違いと思うでしょうが、16日の22時20分に帰宅しました。
ソーこの日は岩田会長も亀ちゃんも乗船せずに私一人で雨の中出かけました。
18日の広島ベイマリーナで開催する、夢丸料理の食材調達。
本気の本気で取り込まなくてはダメ。
一応、食材費はマリーナから出るので最悪は魚屋で購入すればエエが、それでは常々語っている
ご馳走の語源と違う。
やはり主が野山海原を駆け回り、心を込めた食材で、もてなさなければ意味が無い。
ホンで、釣れなかったらガソリン代も出ない。
嫌な霧雨の中出向いた。

すると右前方からスズキの臭いがする。
間違いなくスズキが捕食している。
大きく旋回してエレキを降ろす。
この日はアクエリアスの90sゴーストいわしも用意している。
水面はアクエリアス、喰わなければMARSに14gジグヘッドの組み合わせ。
夢丸を海面に馴染ませ、気配を消す。
フル Castingするとドンピシャに90sが馴染む。
間違いなく奴らは反応している。
ラインはGOSENのタフビートシーバス0.6号にFC3号飛距離重視のタックル。
馴染ませ巻くといきなりドン。
ミンコタのオートパイロットをon。
ゴンザレスだ。締め込み始めた。
この1匹を取り込むか逃がすか?
慎重にいなしながら横たわらせた。
このスズキと目が合う。何とも言えん心境。
時々あるが、目が合う時、複雑な気持ちになる。

 鬼手仏心にはなれない。
ただ無駄な殺生はしたくない。
心を込めて慎重に取り込む。
この1匹はマジで目覚めた。
その後、夢丸を落ち着かせて、連発。
2匹バラしたが5匹ほど取り込んだ。
18日は極上の魚を振る舞える。
釣友の佐々木さん親子も来るとか。
楽しみだ。
この日の講習会、是非初心者の家族に来てもらいたい。
普段釣りなんか行かない家族に、私の料理を食べてもらいたい。
たぶん気持ちは伝わると思う。
いつも釣りに行く人は、私の戯言を聞くよりも、土曜日のタイラバ講習会をお勧めする。
普段奥さんに料理を任す、papaに覚えてもらえればエエ!!
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る