釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ええ時もあれば悪い時もある・・・!

RSS

ええ時もあれば悪い時もある・・・!

2012/04/09

名前
中村 幸春 (ゴーセン フィールドスタッフ)
釣行場所
広島湾
日時
3月26日
フィッシングスタイル
ボートメバル
ボートシーバス

コメント

岩田会長のチャーターで出船
この日は19時に出船した。
実はこの日は朝帰りだったので、昼間は爆睡していた。
夕方、塩鯖があったので、焼いて、ほぐし、出汁醤油で調えて、鯖結びを夜食にと結んだ。
卵焼きも私好みの味加減。
中はレアで外側は少しきつね色。
お袋の味を再現しているがやはりこの味!!

そんな夕方、息子と嫁さんが墓参りから帰宅した。
「アー腹減った」と息子
「これ食べてもエエ」「エエぞ」
「バリうま」「私も」「旨いじゃん」
決して難しいことは無いおむすび。
ホンマ塩加減、握り加減で旨さが決まる。不思議なソールフード

岩田会長と合流して、風裏に向かう。
この日もまた風が強い。
21時頃のは風は収まるとみた。

メバルのリサーチをするがやはり喰い付かないメバル達
いったい何を食べているのか?
現在ほとんどコペばかりを捕食しているが、画像の小魚がたくさん沸いている。
ホンなら生きた白魚ならパクリと喰い付くはず。
それがダメ!!地震でも起きるのかな?

数匹メバルを仕留め、スズキParadiseに向かう。
ここで久々のテールスピン(グッピー)アクエリアス社
を装着して投入。
これがエエ仕事をしてくれた。
しかし、バレが多いタイプのルアーなので3バラシした後、他のジグを投入
すると丸呑みでヒット。
これは良くない取り込み。
丸呑みルアーは死んでしまうことが多々ある。
これでは価値もないし、美味しくない。
メバルもアジも全て口掛かりさせなくてはダメ。
しかし、エエジグだ。商品名がわかれば公開したい。

着底からの巻き上げでかなりコンタクトしてくる。
やはりジグも必要。
岩田会長はいつものSasuke(かめや釣り具オリジナル)で、デカスズキを仕留めた。
帰港前、立ち寄った場所で、岩田会長が痛恨のバラシ。これは珍しく「でかかった」と
バラした直後、80サイズを取り込んだ。さすが
いつも岩田会長は「エエ釣りをさせてもらう」「ありがとう」と言ってくれる。
メバルが釣れれば文句ないが、マジで喰わないメバル達?
エエ時もあれば悪いときもある。
やはり通うことが大切。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る