釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 太刀魚もデカメバルもいい感じ!!

RSS

太刀魚もデカメバルもいい感じ!!

2012/04/26

名前
中村 幸春 (ゴーセン フィールドスタッフ)
釣果
メバル&太刀魚
釣行場所
広島湾
日時
4月16日
フィッシングスタイル
ボートメバル・サーベリング

コメント

この日はかなり凪いだ。
そこで午前4時に出船
朝一到着すると、やはりデカメバルが釣れる
しかも釣れるサイズは全てでかい
暗くて撮影できなかったが、林さんのメバルは27.5cm
川上さんは2匹が唐揚げサイズ、後は全て25cmクラス
岡本さんも開始から26cmクラスが連発
これなら申し分ない。
昼前に北東が吹き始める。
太刀魚もあるので移動。

もの凄い魚影だがここのポイントは×。
川上さんが、孫にメバルの酢漬けを食べさせたいので、小型でも数釣れる場所を要望する
Understanding!ここしか無い!!
到着直ぐに連発。
約1時間でお土産を作る。
それから本日の課題{太刀魚}
これを攻略しなくてはいけない
半信半疑で巡ると「マジカ?」「うそじゃろ」と言いたくなるほどの魚影。
この水深では間違いなく太刀魚
開始から林さんがラインブレーク
切り口は太刀魚の歯だ!
その直後、私にゴン
「Orujyan」
またすぐに川上さんが「来た!」
「また来た」
ついでに林さんがジグを代えて直ぐ、「来た」となる。
エエ調子だが、悪いことに堀田こぎの漁船がそばを通過
これで納竿となる。

まー太刀魚もデカメバルもエエ感じだ。
亀ちゃん達ならかなり取り込んでいる感じ。

スズキ料理
岩田会長が釣り上げた鱸を料理する。
3日ほどいけすで寝かせた極上スズキ

刺身は薄作りでOK、食感はマジで極上だ
腹身を煮付けする
醤油、みりん、酒は同量
この日は各50CCの量で作る。
還元水は300CC
昆布出し25CC 鰹振り出し1袋
砂糖は小さじ3バイ
少し甘めの配分
乱切りのナスを2本
ふたを閉じて強火で炊く。
なすの色が変わり始めたとき、オリーブ油サラダ油適量を入れて馴染ます。
弱火で完全になすがheroheroになるまで炊く。
最後にごま油、一味を振りかける

極旨の煮付け。
デカイ魚ならどれでもOK
特にスズキの煮付けは、なすとオリーブ油、一味の相性は抜群
こつは砂糖を効かせる。
そしてヘロヘロになるまで炊く。
美味すぎるZE~
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る