釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 広島湾で賑わうスルメイカ釣り

RSS

広島湾で賑わうスルメイカ釣り

2012/06/20

名前
中村幸春
日時
2012年6月6日
フィッシングスタイル
ボート
タックルデータ
ラインホンテロンキススペシャル 0.8号
目印 蛍光ウキ止め糸 太

コメント

独特な釣方だ。
まず、関東や日本海で使用するスッテではまず無理。
様々な仕掛けを試すが安定して釣れるのがテーラー
しかもこれ塩〆イワシを装着。
目印にヒロミ産業のミライトグリン435を装着。
この仕掛けを10mほど投入
テンションホールでラインを張りながら待つ。
すると角度が70°位になるとグイグイ引き始める。
この一連の動作で仕留めていく。

道糸にGOSENの蛍光浮子止め糸太を10mと15mの目印を必ず付けること
この位置なら18mでも7mでも把握しやすい。
これがファジーでは、むらがある。
一番良いのはカウンター付きのリールだ。
スルメイカは棚が重要!

月夜のスルメイカ釣りも非常に難しいが、清水さんは上手く攻略した。
潜みメバルみたいな潜みスルメイカ
海底ぎりぎりを攻略すると入れアタリで取り込む。
餌はやはり中村イワシが一押し。
食いの悪いときは、生鰯と変わらないが、入れ食いなら間違いなく中村イワシ。

来週は入れ食いになるぞ!!
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る