釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 鳴門の鯛も産休から復活!!

RSS

鳴門の鯛も産休から復活!!

2012/07/09

名前
森 英輔(ゴーセンフィールドスタッフ)
釣果
マダイ4匹
釣行場所
鳴門海峡
日時
2012.6.23
フィッシングスタイル
鯛ラバ
タックルデータ
ロッド:オリムピック グラファイトリーダー ヌーボ・パグロ67ML
 リール:ダイワ リョウガ2020L
 ライン:ゴーセン ドン・ぺぺ 0.6号
 鯛ラバ:自作 12〜18号(鉛)ラバー オレンジ・レッド
 フック:オーナー 閂マダイ 10号

コメント

釣行日は、台風後初の釣行でしたが、濁りがきつくミスバイトが多発しました。河川の増水で、色んな物が流れ込み、マダイも半信半疑の様な反応で海中の浮遊物の多さが原因と思います。
 マイボートでの釣行で、恐いのは流木や大きなビニールなどで、漂流物の多さに難儀しました。
 そんな環境でしたが、ドンぺぺのコストパフォーマンスを満喫した釣行でした。0.6号で9Lb強度となっていますが、今期最大の72cmも何の不安もなくランディングに成功!!、その後も35〜52cmを3匹追加しタフなコンディションの割には、納得の行く釣果となりました。

 余談ですが、同じ号数で過去に○○○S社の0.6号は、140mのキャパのスプールに120mが巻けませんでした。なんと、ドンぺぺは、150m巻いてまだ余裕があるのです。エンドユーザーのニーズにバッチリあった物作りただただ、脱帽です。表示は自由ですが、本物の0.6号でないと、今回の潮の流れの鳴門海峡では通用しません。釣具店にマイクロメーターを置いて計って比べるシステムが必要かなと思いました。正直な製品が認められる、エンドユーザーも考える時期が到来しましたね。
 ゴーセンを選べば何の問題も無いですが・・・・・m(_ _)m。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る