釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ まだまだ釣れるぞ!広島湾のスルメイカ!!

RSS

まだまだ釣れるぞ!広島湾のスルメイカ!!

2012/07/12

名前
中村 幸春(ゴーセンフィールドスタッフ)
釣果
スルメイカ=50杯〜60杯
釣行場所
広島湾
日時
7月1日
フィッシングスタイル
ボートフィッシング
タックルデータ
太刀魚仕掛け
さお シマノ社ライトジギングCI4 190
ライン GOSEN ライトタックルG#2号
テンヤ Hayabusa50号シングル
ヒロミ産業のミライトグリン装着
餌 秋刀魚

コメント

午前1時出船
小雨の中、林さん、小笠原さん、藤井さん 亀ちゃん、ゲロゲロさんとするめイカと太刀魚で出船
まずはスルメイカ
1時7分開始
1投目からヒット
これには久々の小笠原さんも「今日は100匹イキマッセ」とゲキが入る。
林さんが絶好調。10匹到達まで15分ほど
やはりミライト435がエエ感じ。

 藤井さん以外は、みんなミライトグリン435を装着。
水深5mでGerogeroさんが連発。
私と亀ちゃんは8mから13mと様々
2時潮止まりで全く動かなくなる。
こうなるとスルメイカもダメだ。
おまけに濃霧と大雨で視界30m
目の前にある灯りも視界から消える。
激睡魔でヘロヘロ。潮止まりはちょいと休憩。
1時間ほど釣れない

移動するか?動くか?
そんな時、西から濃霧が消えた。
同時にするめの臭いが遠方から漂う。
この感じはマジでエエかも?
2Paradiseに到着
他の船はいない。
仕掛けを入れると、5号スッテが落ちない
メチャクチャ釣れ始めた。
6人が4時30分まで入れ食い

みんな沖漬けも施す。
夢丸の沖漬けは大好評。
一度食べるとやみつき。
この沖漬けを分けてほしいと連絡がある。
できるだけ提供しようと思う。
この沖漬けは生きているスルメイカを漬けるから身が締まる
試しに刺身の残りを出汁に漬けるとフニャフニャだ。
生きているうちに、漬けると独特の食感に生まれ変わる。
そして1年後に取りだしても全く変わりはない。
皮の色つやも獲れたてと同じ。

この日は50匹から70匹ほど竿頭はGerogeroさん。
このGerogeroさんに私は勝ったことがない、仕掛けはいつも同じ、ミライトグリンに中村イワシ
不思議な人だ!!
まだまだ釣れるぞ!広島湾のスルメイカ!!

4時45分から太刀魚に向かう。
すると太刀魚の臭いがプンプンする
しかも停船した真下から
1投目、まだ潮はかすかに満ち潮。
仕掛けを入れると、亀ちゃんがいきなり合わせた。
そして上手くのせた。
林さんも激まがりしたが水面でばれた。
アーじゃコーじゃ言いながら、私のロッドがブチ曲がり。
ドラグが滑り始める。
「これ1kg超えている」
すると浮上したのは大満足のmamaDORAだ!
このサイズならOK。
その後、藤井さんも仕留めて、林さんも仕留めた。
当たりは数回ほどあるが、潮加減で変わる。午前10時7分納竿
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る