釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ レジャーフィッシング夏の魚取材

RSS

レジャーフィッシング夏の魚取材

2012/08/21

名前
中村 幸春(ゴーセンフィールドスタッフ)
釣果
太刀魚=12匹
スズキ=4匹
釣行場所
広島湾
日時
7月30日

コメント

ラパラ社ジョージ山本さんとSummer Fishing取材
まずはスズキから
一押しのParadiseに向かう。
最初のポイントは×だがとてもエエ感じ。
2カ所目 超スローで停船。
ジョージさんはラパラの代名詞であるレッドヘッドルアーをSelect
世界中、ラパラのレッドヘッドを知らないアングラーはいない。
このレッドヘッド、色の組み合わせが面白い。
魚を見るとこんな色具合は無いと思う。
しかし、スズキから逃げる魚は、エラを後ろに開けば、スズキからは赤く見える。
このイメージがレッドヘッド(エラが赤)この組み合わせを考えたアングラーはエジソンみたいだ。

 まずはこのルアーを Casting。
するとエエ場所に入る
直ぐにヒット!しかし、これはセイゴクラス。
撮影してもう一度。
2投目でまたヒットこれは50cm後半
3投目これは60cm、クラス。
ホンでジョージさんの撮影は終わり
私がアクエリアスの120フローティングミノー赤金を Casting
超遠投が決まる。
この日のラインはGOSENの新作DONPEPE(どんぺぺ)0.8号にフロロファイタールーツ2号を40cmほど結ぶ
ジョイントはスナップサルカン8#
最大飛距離まで届いた。
少し早く巻くとドン
3kg丁度のスズキ
夏のスズキは1kg1500円から2000円になる魚
価値が違う。
その後は移動する。
このまま釣り続けるとマジでスズキを絶やしてしまう。
8月13日はリベンジで安藤さん達が来る
残しておかないとイケン

2カ所目はジョージさんが1バラシで終わりスズキは納竿

明け方太刀魚釣り
私はほとんどウキ釣りだが、この朝はアクエリアスのミノーAQ120赤金で Casting
すると4連発。ついでにタコベイトで1本
かれこれ30年太刀魚釣りをするが近年、非常に少なくなった太刀魚。
一昔は波止場でバンバン釣れていたが....

明るくなるとテンヤでの太刀魚釣り

かぶりついてからの駆け引きはマジで面白い。
朝一にDORAGONが喰い付いたが得意のバラシ。ブチ残念だ
ジョージさんはジグを操るが、ジグもバラシが多発、
「広島の太刀魚こんなに難しいの?」
それでもコンスタントに取り込んでいく。
午前9時納竿
太刀魚は12匹ほどジョージさんも同じくらい
スズキはジョージさんが4匹私が1匹
エエ取材ができた。
暑いときはNight Fishingがお勧め
暑くなる前に帰港すること。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る