釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 釣りたての魚を味わえるのは釣り人の特権・・・

RSS

釣りたての魚を味わえるのは釣り人の特権・・・

2012/08/23

名前
中村 幸春(ゴーセンフィールドスタッフ)
釣行場所
広島湾
日時
8月4日
フィッシングスタイル
ボートメバル
タックルデータ
メバル仕掛け
Light Action 8フィートクラス
ラインGOSEN DONPEPE 0.8号
Hayabusa メバル仕掛け8−1.2号  3段針
餌 海ゴカイ一人500円ほど
ミライトグリンを道糸側に装着すると巻き込み防止
メバルが良く釣れます。

コメント

Nightメバル
京都の息子が帰省した。
5日は少し早い義母の初盆供養。
忙しく過ごしている息子も、初盆の供養には帰省した。
日本人のルーツには正月、彼岸、お盆、彼岸と節目が多々ある。
魂が現世に戻るのがお盆。
この風習は無くしたらいけない。
先祖を敬い伝え次ぐ
過ちは繰り返さない
エエことは伝える

息子達と晩飯を食べ、直ぐに港に向かう。
東の7m白波が立つ。
小さくてもエエからメバル釣りをさせたい。
ポイントに到着すると、いきなり連発。
息子の先輩三木さんや田中さんも、初めてのメバル釣りで入れ食いになり大喜び。
この日のメバルやカサゴ、このサイズなら申し分ない。
起伏が激しい網代だが器用に掛ける。

 ホンで私も仕掛けを入れると100%あたる。
しかし、なんかミーちゃんが多発する。
けどこれならOK。不思議に息子達は20cmサイズをぼろぼろ取り込んでいく。
23時45分納竿。
帰宅してお土産用に捌く。
みんながシャワーをしているとき、メバルを捌くが、脂がたんまり。
これなら直ぐに味噌汁を作り味合わせたい。
ねぎを刻み、ミーちゃんメバルを10匹、鰹振り出しを1ぱっく、昆布出し20CC入れて炊く。
沸騰したら、田舎味噌を溶き入れて、刻みねぎをドッバと入れる。
味も一発で決まる。
マー太刀魚とメバルは誰でも大成功する魚。
この魚がまずいとなれば大事。
息子達もメバルの味噌汁に「あー美味い」と飲み干した。

釣りたての魚を味わえるのは釣り人の特権。
楽しく過ごし、美味しくいただく。
自然の恵みに感謝。
三木さん達、また来ればエエ、
釣りはホンマエエじゃろ〜
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る