釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ タフビートシーバスで太刀魚25匹!!

RSS

タフビートシーバスで太刀魚25匹!!

2012/10/04

名前
中村 幸春(ゴーセンフィールドスタッフ)
釣果
太刀魚:25匹
釣行場所
広島湾
日時
10月1日
フィッシングスタイル
テンヤ釣り

コメント

太刀魚&鰺
この日は、西尾さんや坂田さん達も行けるかも?とのことだがやはり無理でした。

そこで深夜1時の出船で鰺ParadiseとMidnightタチに向かう。
毎年10月からMidnightタチが始まる。
一人なので全てのポイントを探す。
しかし、アタリすら無い?
5年程前から太刀魚が釣り無くなる。
スルメイカが終わると広島湾にも太刀魚が入っていたがダメだ?
諦めて、鰺Paradiseに向かう。
到着すると、ライトの色が違う。
案の定、鰺も付いていない。
また移動、真夜中、一人でurouroしているのは私くらい?
よく怖くないの?危なくないの?と言われることがあるが、個人的には超快適
しかも満天の夜空とか、月雲なんか最高だ。
光矢と呼ばれる月の光が雲の間から一筋の矢みたいに海を照らす光景なんか感動する。
この日も中秋の名月になる
台風が過ぎ去り、空気は澄みわたり光矢が見事に見えた
こんな条件は少ない。

オーロラも月の沙漠も見たことがないが、瀬戸内海の月夜も素晴らしい。
これだけでも十分。広島に生まれて良かった!!

午前5時30分
Morningタチの時間。
3号テンヤをフルキャストするが、画像のベルトサイズが連発で掛かる。
全長40cm幅指1本なんじゃこれを5,6匹楽しむ?

6時から水深70mに移動。
すると入れアタリで激乗り
この水深では500g〜700gの4本サイズクラスが多い
3号テンヤはかなり操れるようになった。
10時30分頃、知り合いの船長から連絡が入る。
何でも明日は太刀魚の試聴会とか
「今日の食いなら、明日も大丈夫ですよとポイントをアドバイス」
 たぶん今朝も入れ食いしているはず

そんな会話をしていると、鰯網み船団が突進してくる。
これを数回受け、止めた。
知り合いの漁師は1kgサイズをゴボゴボに取り込んでいた。
私は終始、3号テンヤで27匹5匹程リリース。
持ち帰りが22匹でした。
引き潮になると、底潮が合わないのか、3号テンヤが絡み多発
この絡みが3号テンヤの弱点。
実は絡む事は承知で開始した3号テンヤ
ここまで酷かったら公開できない。
しばらく試作を繰り返さないとイケン
ちなみにこの日はヒロミ産業のミライトグリン単体での釣果
やはりミライトグリン435は必需品。みんなこれにすればブチ釣れるのに?
前回も一人釣行でミライトグリン435を使用すると、25匹
ピカピカは付ければ付けた人にアタリが多くなるが、食い込みはミライトグリン単体がお勧めかな?
ラインはGOSENのタフビートシーバス0.6号から0.8号。この日は2号で試すが絡みが連発。
今日暇な時に全部巻き替えよう!
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る