釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ マックスビートで仕留めた太刀魚の出汁の作り方。

RSS

マックスビートで仕留めた太刀魚の出汁の作り方。

2012/10/16

名前
中村 幸春(ゴーセンフィールドスタッフ)
釣行場所
広島湾
日時
10月15日

コメント

太刀魚&黒鯛
G杯チャンプの井出君が友達と来た。
珍しく月曜日が休みとか
ホンで行き先を尋ねると、目の前の波止場。
「エエですか」と言うのでエエゾ「3時まで待てるか」「待てます」
竿が無いと待てないけど、竿があれば何時間でも待てる?釣りはできるとみた!
 夢丸からは川上さんと林さん
林さんも3週間ぶり!!忙しかったようだ。
目指すはタチParadiseだが、1投目ゴンゴンとアタリはあるが、またベルトサイズの太刀魚
直ぐに移動

この日は北東7m〜8m波高1mと最悪な状況
直ぐにベルトParadiseを止め移動
すると太刀魚の漁師がたくさん操業している。
全部見覚えのある船。
中でも00丸は凄腕の太刀魚漁師。
会釈して開始。
すると川上さん7連発しかも4ホンサイズ
私は3号テンヤで挑むが3匹止まり
しかも2週間前と違い、秋刀魚の方が入れアタリ。
ベイトがかなり違うようだ。

 そこで私も秋刀魚とHayabusaの50号テンヤに変更
ミライトは同じ、すると激アタリ
この感じは要注意
アワセが難しい
川上さんは待ちは0の速攻アワセで仕留めていく
ロッドが折れる寸前。
しかし、シマノ社のライトジギングCI4M180はこれまで折れたことはナイ。
川上さんは今期1700gをこの竿で仕留めている。
ラインはGOSENのPE MAXBEAT2号がお勧め
テンヤはHayabusa50号グリンにアシスト
ピカピカはヒロミ産業のミライトグリン435は必需品

 苦戦するのが林さん秋刀魚7匹で太刀魚7バラシ
「林さん、ミライト単体でやって」とアドバイス
すると食いつきが全然違う。
止まないで掛かるまで噛みつく。
不思議だ。
風が強くななり移動した。
その後3カ所移動するが全てアタリはよくあった。

サイズもこれならエエと思う。

ホンで井出君達は黒鯛を20枚近くリリースしていた
林さんと川上さんのお土産に40cmサイズの銀ピカ黒鯛を5匹キープ
スゲー綺麗で鱗一つも落ちていない さすがだこれなら価値ある黒鯛

林さんも川上さんも「なんで逃がすのか」と不思議がっていた。
井出君はG杯優勝者だが、人一倍黒鯛を仕留めるが、直ぐにリリースしてくれる。

私がいつも思うこと
リリースするなら直ぐに離してくれ。
ストリンガーにぶら下げ、鱗も剥げてからのリリースなんて止めてほしい。
彼が一貫して素早くリリースするのはホンマうれしい。
黒鯛を駆除扱いにするのは牡蠣業者がすればエエと思う。
釣り人は楽しむための遊び
漁師は営むための行為。
駆除を手助けする釣り人であってほしくない。
ただ黒鯛は間違いなくあと10年もすれば他の海域と同じようになると思う。
井出君みたいな釣り人が増えればエエと思う。

PS 太刀魚出汁
この日は12匹全て出汁に使う。
1個目は頭部、ひれ、尻尾と昆布だしで取ってみた
2個目は3枚におろした背骨と鰹振り出しだけで出汁を取る。
澄んだ出汁は背骨だし
パンチの効く出汁は頭出汁どちらも檄旨
ねぎ醤油で調えれば最高だ。
灰汁も頭部出汁が凄い。
背骨出汁はほとんど灰汁が出ない
この違いがこくの違いと感じた。
この出汁で雑炊をたく。
感動する旨さ
呉市の名物になればエエと思う。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る