釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ジギングSPとMAXビートで太刀魚爆釣

RSS

ジギングSPとMAXビートで太刀魚爆釣

2012/11/27

名前
礒亀 智(いそがめ さとし)
釣果
タチウオ約114本(船中)
釣行場所
広島県 倉橋島沖
日時
平成24年11月23日 6時半〜14時半
データ:曇り、長潮(月輝面75%)、5時57分:260cm 満潮:呉
水温17.0℃(水深0.5m)
フィッシングスタイル
テンヤ釣り(40号,3号)
タックルデータ
ロッド:自作グラスロッド
     アジングロッド(中村テスター推薦ロッド)
 リール:CURADO200J(SHIMANO)
      TWINPOWER 2000(SHIMANO)
 ライン(PE):ジギングSP J-SQUARE 2.0号 200m(GOSEN)
        PE MAXBEAT 10lb(テーパーラインちから糸5−12号)
(GOSEN)

コメント

当日は、タチウオ釣り初めての山田さん(女性)他、釣り仲間5人で、倉橋のセトウチ
丸にお世話になりタチウオを狙った。
この日は明け方のみ雨が少し残ったが、一日中、曇り空。潮も最高で、風も無くベスト
コンディションでの釣りとなった。
 朝、6時半に出船、磯渡しのお客さんを下ろしてから、倉橋沖のポイントに入る。
船長からは、前日も大漁で今日のほうがまだ潮が良く期待していいよ!!と聞いて、
皆、テンションがあがり仕掛けを投入した。
私が山田さんに釣り方をレクチャーしていると、後ろで岡田さんの電動リールが唸りを
上げており、良型のタチウオを早くも釣り上げた。
それを見て、私も仕掛けを落とすと直ぐにアタリがあるが、山田さんにもアタリがあ
り、自分の仕掛けに集中出来ず、掛け損う。まあ、仕方なし!!山田さんも??のうち
に、餌を根こそぎ取られてしまった。そこで、アタリの出方とアワセのとり方を再度レク
チャーする。
そして、山田さんが、再度、仕掛けを入れ直すと又直ぐにアタリがある。見守っている
と、強いアタリがあり、山田さんが合わせた瞬間、竿がキレイに曲がる。今度はタチウオ
を上手く仕留めた!山田さん、人生初のタチウオを釣って凄く喜んでくれている。私も本
当に嬉しくなる瞬間だ!!そんな中、岡田さんの勢いが止まらず、立て続けに3連荘、直
ぐ6連荘で船中、一気に盛り上がり、皆、凄いペースで魚を釣り上げていく!
私も開始から納竿まで、40号、3号テンヤで爆釣し、皆のお世話をしながらでも30
本をゆうに超えることが出来た。
14時ぐらいに潮が止まり、サンマテンヤではアタリが少なくなった時間帯もあった
が、そんな中でも、3号テンヤをテンポよく操り、上手くアピールすることでタチウオに
口を使わせて数を伸ばすことが出来た。
山田さんと藤井さんも、途中から水深70mラインでの手巻きでの40号テンヤの巻上
げに肩を苦らせ、快適な3号テンヤに変更し、その高いゲーム性を十分に堪能していた。
この時期に、天気、潮、風、気温がベストで、魚の活性もずっと良い日は年に一回ある
かどうか!きっと、山田さんに釣りの神様がプレゼントしてくれたんだろう。
また、一人遅咲きの釣り師が誕生した。
この日、所要でこの釣りをセッティングしたにも関らず、行けなくなり、本当に悔しが
っていた大将!そして、山田さん、また、海の風にあたりに行きましょう!!!
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る