釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ メバリンでメバルにスズキも!

RSS

メバリンでメバルにスズキも!

2013/02/15

名前
礒亀 智
釣果
メバル30匹,スズキ・セイゴ5本
釣行場所
広島県 広島湾
日時
平成25年2月13日(水)
データ:晴れ、北の風、中潮(月輝面100%)、23時48分:324cm 
満潮:広島
フィッシングスタイル
ライトタックルゲーム(プラッキング主体)
タックルデータ
ロッド :月下美人STX-RF 74S-SVF(Daiwa)他
リール :セルテートフィネスカスタム2004(Daiwa)他
ライン :メバリン0.3号(GOSEN)
リーダー::メバリンSuperホンテロン1.2号(GOSEN)
     フロロカーボンライン(通販品)0.6号(GOSEN)

コメント

風と潮を読み、メバリンを駆使し、プラグで爆釣

 当日は、ミノーを使ったプラッキングを主体で釣りを組み立ててみた。
 主な狙いは、表層を意識してベイトを追っているメバル。その合間にスズキを狙ってみる。
満ち潮が、良く効いており、メバルも時折ライズしている。ただ、少し潮が効き過ぎており、ミノーが凄い勢いで流れていく。
 このようなときは、潮目や明暗部など大型のメバルが付いているポイントにルアーを通すことを意識して、風も読みながらキャスティングする。そして、無理にアクションをつけず、コイカの泳ぎを意識して潮に流しながら時折小さくアクションをつけ誘う。小さいアタリも感知できるようラインと穂先に意識を集中し、アタリがあれば巻き合わせする感覚でしっかりフッキグする。
 この日使用した、メバリング用PEライン :メバリンは感度も良く、小さなアタリも捕らえてくれた。PEラインの特性上、風によるタルミが生じるため、これも計算しながらキャスティングしてトレースすることも大事。
 後は、その日のメバルの捕食状況に合せてミノーを選択し、ローテーションすること、この日も10種類以上のルアーを試したが、反応が良かったのは、JADEとリッジ35、確かにこの日のアタリルアーは実績の高いルアーだったが、無名ルアーが面白く釣れることも多々ある。とにかく、色んなことにチャレンジして釣りの引き出しを増やしてもらいたい。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る