釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ DONPEPE&MAXBEATで太刀魚またまた爆釣!

RSS

DONPEPE&MAXBEATで太刀魚またまた爆釣!

2013/08/07

名前
礒亀 智
釣果
タチウオ20本
釣行場所
広島県 蒲刈島沖
日時
平成25年8月4日 4時半〜12時
データ:曇り時々晴れ、中潮(月輝面7%)、7時55分:300cm 満潮:呉 
水温25.0℃(水深0.5m)
フィッシングスタイル
ライトタックルによるドジョウテンヤ
タックルデータ
ロッド:ヒトツテンヤ用ロッド
     グラスソリッドライトロッド(中村テスター推薦ロッド)
リール:エクスセンスBB C3000(SHIMANO)
      TWINPOWER 2000(SHIMANO)
ライン(PE):PE MAXBEAT10lb (GOSEN)
      マークラインDONPEPE0.8号 (GOSEN)
      テーパーラインちから糸4−12号 (GOSEN)

コメント

8月4日、中村テスターの船「夢丸」でタチウオを中村テスターが考案したドジョウテンヤで狙いました。
当日は山田さん、張本さんら女性アングラー2名を含む5人で、夜明けの高活性タチウオから狙うため、広島港を4時に出船しました。

4時半にポイントに到着、まだ薄暗い中、表層を中心にワーム主体でモーニングタチを狙う!すると、狙いどおり高活性のタチウオがバンバンあたり、入食いとなる。
山田さんは、まだ船からのキャスティングになれていないため、苦戦したが、それでもワームのただ巻きでまずまずのタチウオをゲットすることができた!

開始から30分もすると、夜が明けてきて、表層では反応しなくなる。
こうなると、50m以上の水深でも楽に釣ることができるドジョウテンヤが面白くなる。
このドジョウテンヤによる釣法、中村テスターが苦労して完成させた釣り方で、もとはタチウオ漁師の延縄での釣り方を改良に改良を重ね、作り上げたもの
。漁を糧にしている漁師の釣りに対する情熱も凄いが中村テスターの情熱や姿勢にはいつも圧巻される。今回もずっと、一緒にたちあってきたが本当に感動もんであった。(8月3日、テレビ新広島の「つりごろ釣られごろ」で公開されました。)
そして、中村テスターは、この仕掛けの改良について、まだまだ先を見ている。私もそうだが、釣りをずっと続けていけるのは、失敗を繰り返しながらでも、完成に少しでも近づいていきたいと願う気持ちを持っているからだと思う。これが、釣りを面白くしている!まあ、大自然相手の釣り、「完成」や「到達」というものには到底及ばないと思うが!

この釣法、サーベリングに見られるゲーム性とテンヤ釣りのタチウオとの駆け引きを合体させており、最高に面白い釣りになっている。これも、ロッド、リール、シンカー、ミライト、テンヤそしてこれを繋げる道糸とリーダーのバランスの上で成り立っている。

ラインは、僅かなアタリを捕えるためMAXBEAT10lbやDONPEPE0.8号を使用、初心者には10m毎に色が変わっているDONPEPEの方が使いやすいと思う。そして、リーダーはタチウオの歯によるラインブレークを極力少なくさせるため、ゴーセンの力糸(4→12号)が必需品となる。ラインの癖による仕掛けの絡みを避けるため、出来れば、毎回、リーダーを組み直してもらえれば、ベスト!!

後は、キャスティング時に着水と同時に数秒ラインを止め、テンヤとシンカーを離しラインコントロールさえ行えば、絡みも殆ど発生しない。
そんな中、山田さんはキャスティングとラインコントロールが上手く出来ず、絡みが多発してイライラ!これは、練習して経験を積むしかなし。頑張れ山田さん!
そこで、キャスティングなしでも出来るように、前回、中村テスターが試していたバレットシンカーによるテキサスリグにしてみる。
ロッドも、シマノの炎月に変え、再挑戦!!すると、これが大正解で、そこから山田さん劇場が始まる1キロ級もゲットしながら怒涛の追い上げをみせてくれた!
今回の釣行では、途中、潮が動かず喰い渋りがあったが、それでも皆20本くらいのタチウオを釣り上げ、満足いく釣りであった。私もサポートしていた山田さんが凄く喜んでくれて、本当に楽しい釣行であった。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る