釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ テクニックと剛戦X 8ブレイドでシーバス爆釣!  三重県

RSS

テクニックと剛戦X 8ブレイドでシーバス爆釣!  三重県

2016/03/07

名前
橋本 広基(ハッシー)
釣果
シーバス 45臓65臓15匹程度
釣行場所
三重県中部
日時
2016年3月4日 18時00分~20時00分

フィッシングスタイル
ソルトルアー
タックルデータ
ロッド:タイドマーク アルテサーノ エボルティア TMAES 89/08(ダイコー)
リール:モアザン2510PE-H(DAIWA)
メインライン:剛戦X 8ブレイド0.6号(GOSEN)
リーダー:フロロファイタージュード4号(GOSEN)
ルアー:ショアラインシャイナーSL-10(ダイワ)など

コメント

今回は春の風物詩とも言える、シーバスのバチ抜けパターンをパトロール。
このバチパターン、ルアーセレクトが非常に重要で、ゴカイなどのシルエットを意識し、細身のルアーをチョイスする。そのため、ルアーは軽量なアイテムが多く、飛距離が出にくい。しかし、私は、シーバスとの強引なファイトも想定しつつ、メーンラインに剛戦X 8ブレイド0.6号を使用している。もちろん8本組であるこのアイテムは、十分な強度は約束されている。また、0.6号を使用することで、軽いルアーをキャストする際の空気抵抗も少なく、飛距離を伸ばしてくれるのである。
結果、今回は、バチパターンを完全攻略。大爆釣を堪能した。今後も、春のバチパトロールを続けたいと思う。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る