釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋8ブレイドで確かな釣果  静岡県

RSS

砂紋8ブレイドで確かな釣果  静岡県

2016/08/02

名前
小野山 太
釣果
22センチを筆頭にキス6匹
釣行場所
静岡県の千浜海岸
日時
7月31日
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
竿:ダイワ サンダウナー コンペティション 35号−405
リール:シマノ スーパーエアロXT
道糸:ゴーセン PE投専用0.4号300メートル、砂紋8ブレイド0.5号200メートル 
力糸:ゴーセン テクミーテーパー力糸遠州 0.6号〜6.5号〜6号 13メートル
錘:自作天秤30号
モトス:ゴーセン アクアキング2号
ハリス:ゴーセン ホンテロン0.6号 フラッシュピンク
針:ゴーセン 湘南キス5号  5本針
餌:赤イソメ 東京イソメ

コメント

7月31日に静岡県の千浜海岸にて投げ釣りを行った。
ここ遠州灘は波が立ちやすく、サーファーにも人気スポットだ。ただ、この日は珍しく波がない。沖瀬の前後を狙うのがセオリーだが、見る限り瀬はできていない。手前のワンドにはキスは居そうだが、水深が浅い為、釣れても数が伸びにくいと判断。ここは歩いて瀬を探すことに。
2キロくらい歩いたところでいい感じの瀬ができていたのでそこで竿を出すことに。瀬は遠く、7色以上投げないと届かない場所と推測。そこでPE投専用0.4号300メートル」を巻いたのスプールをセット。5本バリをセットし、瀬をめがけてキャスト。ゆっくりとさびく。すると6色くらいのところでフグのような強烈なアタリが来た。回収する時もゴンゴンと引っ張る。この引きはキスじゃないなと思いながらも何が上がるかワクワクしながらリールを回転させる。すると、上がってきたのは25センチくらいのでかいギマという魚が上がってきた。もう一度同じところを攻めると今度は6色半くらいでプルプルといいアタリが来た。上がってきたのは22センチのキスだった。
その後アタリはなく、どうやらここの瀬にはあまりキスがいないようだ。砂浜の地形、波の動きを見ながら移動。すると、投げ釣りをしている地元のおじさんが、3連、4連と次々に釣っている。隣で竿を出したが、アタリはない。どうやら狭い範囲でキスが居て、餌を見つければ一気に食う連掛けパターンのようだ。
スプールを砂紋8ブレイド0.5号200メートルに切り替えた。このラインは25メートルの中に5メートルごとに黒いラインが入っていて、細かい釣りができる、今までになかった画期的なラインだ。海底の地形を錘を引いた感覚でさぐり、ラインのカラーをよく見て距離を把握。すると、7色目の黒2つ目(155メートル)でカケアガリガあり、そこで少しステイ。するとブルブルとアタリが来た。回収すると16センチと先ほどより小さいがダブルでキスを上げることができた。
その後3匹を追加し、納竿とした。

遠投のPE投げ専用、ポイントを絞る砂紋8ブレイド、どちらもお勧めだ。両方準備し、状況を見ながら使い分けると釣果を効率よく伸ばすことができる。これからが楽しみである。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る