釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 剛戦X8BRAIDでバチ抜けシーバス  千葉県

RSS

剛戦X8BRAIDでバチ抜けシーバス  千葉県

2017/02/17

名前
林 隆之
釣果
シーバス 多数
釣行場所
千葉県某河川
日時
平成29年2月15日 19:30〜22:00
フィッシングスタイル
ソルトルアーフィッシング
タックルデータ
Rod: Foojin‘AD NEON KNIGHT85LX(APIA)
Harmonix Staccato82LSS-HX(TULALA)
Reel:CERTATE2510PE-H(Daiwa)
Line:剛戦X8BRAID 0.8号(GOSEN)
     +剛戦XリーダーFC 4号(GOSEN)
Lure:feel100(Pazdesign)

コメント

ゴーセンフィールドスタッフの林です。
仕事を終え、バチ抜けシーバスへ。
この日は大潮後の中潮2日目。
実は前日の中潮初日はどこのポイントも満員御礼で、ポイントにすら入れず、そのため何もしないまま帰宅したという悲しい状況でした。

今回は、そのリベンジも兼ねて満潮潮止まりから釣り開始。
流れはまだないものの、既にバチは抜け出していました。
釣りを始めて数投で答えが・・・
表層を引き波をたてながら引いていると、ヒット。
手前で喰ってきたのでバイトシーン丸見えのデカイシーバスをゲット。
気持ち良い1本でした。

下げ潮が効いてからは一面バチの絨毯に・・・。
ここまでうじゃうじゃだと気持ち悪い。

若干引くレンジを下げてその後もナイスサイズを含めて何本か追加し、アタリがなくなったところで本日は終了。

この日は色々なルアーを投げましたが、アタリがあるのは1種類のルアーのみでした。バチ抜けといっても、ルアーを何種類か持って行ってその日の魚の反応に合わせてアジャストしていかなければならない状況が今回のように確実にあります。
その中で、きっちり対応できるのがゴーセンのPEライン剛戦X8BRAID剛戦XリーダーFCと組み合わせれば、信頼感が違います。

バチ抜けシーズンはどこのポイントも混みあいますので、ルールとマナーを守って楽しんでください。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る