釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 剛戦ジギング8ブレイドで初レポート!   宮城県

RSS

剛戦ジギング8ブレイドで初レポート!   宮城県

2018/05/24

名前
目黒 毅久
釣果
ヒラメ、マゴチ
釣行場所
宮城県仙南サーフ
日時
2018年5月
フィッシングスタイル
ルアーフィッシング
タックルデータ
ロッド:BlueBlue GLOVINA Soul ON Surf SS-102M
リール:SHIMANO STELLA 4000XG
ライン:剛戦ジギング8ブレイド 1号
ハリス : 剛戦リーダーX 20lb

コメント

皆さま、この度フィールドスタッフとして参加させて頂く事になりました宮城在住の目黒毅久(めぐろたけひさ)と申します。
まずは初めましてですので自己紹介から!
私は主にルアーフィッシングを楽しんでおりまして、得意な釣りはサーフからのフラットフィッシュやショアジギング、リバーシーバスです。しかしそれだけでは飽き足らず、オフショアのジギングや本流遡上のサクラマス、雷魚等、四季折々の釣りを楽しんでます。

今回は私の最も得意とするサーフの釣りのご紹介です。
宮城県のサーフはここ数年で一気に全国に名を馳せる様になりました。それと言うのも理由はその魚影の濃さです。春から初冬にかけてがシーズンとなりますが今年もいよいよ楽しいシーズンが始まりました!
まずは春先からヒラメが釣れ始めるのですが、これから初夏の季節はマゴチが爆発的に釣れる様になり、サーフは多くのアングラーで賑わいます。
サーフの釣りの最新のトレンドはルアーをただ巻くだけではなく、時にジグのジャークが必要であったり、ワームやプラグをリフト&フォールさせたり、トゥイッチを入れたりと攻めの釣りへと日々進化しております。
そんなサーフの釣りに私がチョイスしたのは「剛戦ジギング8ブレイド」です。
しなやかな8ブレイドラインはどんな状況、どんなアクションを入れてもスプールへの収まりが良くトラブルフリー。またしっかりとした強度も出ていて安心感も抜群です。10m毎のマーキングはルアー飛距離の参考にしたりと戦略的に使用できるのですが、このラインは色落ちも少なく、穏やかでかなりの信頼を置く事が出来ました。

さて、今回は私の自己紹介の様な形になりましたが今後もいろいろな釣りをご紹介出来たらと思っておりますのでよろしくお願い致します。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る