釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ルミナシャインとCAST-4を使い分けてメバル爆釣    東京都

RSS

ルミナシャインとCAST-4を使い分けてメバル爆釣    東京都

2018/06/06

名前
林 隆之
釣果
メバル 尺メバル6本含む多数
釣行場所
東京湾
日時
平成30年1月〜5月
フィッシングスタイル
メバリング、ライトゲーム
タックルデータ
ロッド:牙突(LEGAME)
リール:LUVIAS2004(DAIWA)
ライン:ルミナシャイン0.4号+フロロファイターROOTS X 1.25号(GOSEN)
    CAST-4 0.4号+フロロファイターROOTS X 1.25号(GOSEN)
ルアー:ジグヘッドリグ ワーム+ラッシュヘッド1.5〜1.8g(odz)
    プラグ各種

コメント

毎年恒例、厳寒期〜春までメバルを追い求め、年々サイズが出なくなっていると言われる東京湾で、今シーズンだけで6本の尺メバルをキャッチすることが出来ました。

厳寒期〜シーズン初期は深いレンジやボトムを中心に繊細な釣り。
比重もありナイトゲームを中心とした釣りでは、視認性の高いポリエステルラインのルミナシャインを使用。
ハイシーズンで、メバルが浮いて活性の高い個体が多い状況になると、比重の軽いハリコシが強く横の釣りに圧倒的な強さがあるCAST-4を使用。
状況、魚の状態、狙い方様々な状況がありますが、それに合わせラインを選択し、特性を十分に発揮出来たことで、今シーズンのメバルが非常に楽しめました!

両ラインともかなりの数とサイズのメバルと対峙しましたが、安心して使用でき、信頼できる相棒です。

東京湾では終盤になってきたメバリングですが、オススメ出来るラインとなってます♪
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る