釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ メーターテクミー船なら30kgのキハダも楽々  沖縄県

RSS

メーターテクミー船なら30kgのキハダも楽々  沖縄県

2018/08/18

名前
佐藤 寛子
釣果
キハダマグロ 30kg、マンビカー、シビ
釣行場所
石垣島
日時
7/17(火)
フィッシングスタイル
ジギング
タックルデータ
ロッド:POSEIDONハイピッチジャーカー410
リール:SHIMANO JIGGER4000P
ライン:GOSEN メーターテクミー船 4号
リーダー:14号→20号
ヒットジグ:shout LANCE300g

コメント

初レポートします。石垣島在住の寛子です!
大洋丸でのキャスティング&バーチカルの誘いに心踊らせ行ってまいりました。

7/17(火)晴天。ゆんたくしながら、日焼け止めヌリヌリしてたら最初のパヤオに到着。
まずはキャスティングから。同船者に連続ヒットするも、私には音沙汰無し。誘い出しがヘタ過ぎてムキになっていたところ、コバ船長から『今、ジギングいけるよ!』と言われたので、反対の右舷側でジギング開始。
『70mから100mにいるよー!』コバ船長は、その時々の海の状況を教えてくれるので本当に釣りやすい。
ラインを見ながら150mまで落とし、そこから50mくらいまでハイピッチで大きめにシャクる。
ファーストヒットで小さいマンビカー。その後もシビなどの小物続き。
そして時間もそろそろ終盤の頃に本命らしき大ヒット!!
【バクッ】の当たりに続き気持ち良く出るライン。慌ててフッキング。興奮しながら巻くと、あれれ?糸がふけてる。急いでリールを巻く。切られたか?食い上げて上に行ったか?後者だ!大きなキハダが一気に食い上げてた。巻ける時に巻いて、走りたい時は走らせ、少しずつ上げるも、あと30mから上に来ない。ダメだ、リーダー14号じゃ細すぎた。30分以上の格闘に疲労困憊。指ドラグし過ぎて親指がヒリヒリする。勝負をかけドラグを締める。【バチン!!】嫌な音だ。リーダー切断で逃す。
尋常じゃない悔しがり方に、コバ船長がラスト一流しさせてくれた。
リベンジにリーダーを14号から20号に。
そして同船者にリーダーの強度が上がる結び方を教えてもらう。

体に鞭打ってラストチャンスにかけ、ジグを落とす。
3回目の落としてる時に、ふっと軽くなる。フォールで食った!!!
おもいっきりフッキングを入れ巻く巻く巻く!さっきより魚が小さい。
安心感が違う。ゴリゴリ巻く。
上がった魚はキハダマグロ30kg
さっきの魚、何キロあったんだよ(笑)

失敗から学ぶ事が大きかった今回の釣行。船長と同船者に感謝です!
塗り忘れてできたギョサン焼けも良い思い出です。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る