釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ メバルシーズンイン直後にCAST-4の強さを実感! 東京

RSS

メバルシーズンイン直後にCAST-4の強さを実感! 東京

2018/12/20

名前
林 隆之
釣果
メバル
釣行場所
東京湾
日時
2018年12月10日(月) 19:00〜20:30
フィッシングスタイル
メバル、メバリング、オカッパリメバリング、ライトゲーム
タックルデータ
ロッド:牙突(LEGAME)
リール:LUVIAS2004(DAIWA)
ライン:CAST-4 0.3号+フロロファイターROOTS X 1.25号(GOSEN)
ルアー:ジグヘッドリグ ワーム+ラッシュヘッド1.5g(odz)

コメント

エリアトラウト同様、シーズンインが遅れているのは東京湾千葉県側のメバル。12月に入り、寒波が日本列島を包み、関東では今年初雪を観測した地域もありました。その中私の心の中では「しめしめ、そろそろメバルが・・・」とウキウキ。
いざポイントへ!!!
「風強い・・・」
まずは反応があるレンジを探すために広範囲に探るも、アジやシーバス等の外道は釣れるもののメバルからの反応なし。
この時点で嫌な予感が・・・。
シーズンの初期、活性が低い時特有のボトムの地形変化を丹念にかつ丁寧に探ると、やっとメバルがヒット!!!同じパターンで数匹追加。
水深15m程度、手元にあるジグヘッドは1.5gのみ、なかなか痺れた展開でした。海藻が水温が高いせいかまだ生えているので強引なパワーファイトを想定しPEを選択しましたが、今回のような展開だとポリエステルラインのルミナシャインを使用しても良いかもしれませんね。
ただ、今回も一切ドラグを出さないファイトでしたが、安心してやりとりが出来ましたので、改めてCAST-4の強さを実感しました!!!

皆さ、この時期はメバルを釣りに行く際は様々な重さのジグヘッドをお持ちください(笑)これから右肩上がりになるであろう東京湾千葉側のメバル、楽しみです♪
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る