釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ FATA Stick Resonatorで余裕の取り込み!(大阪府)

RSS

FATA Stick Resonatorで余裕の取り込み!(大阪府)

2019/12/19

名前
前川有美
釣果
ニジマス(25cm)3匹
釣行場所
大阪府(服部緑地ウォーターランド・フィッシングパーク)
日時
2019年12月1日
フィッシングスタイル
プール管理釣り場、ルアーフィッシング
タックルデータ
.蹈奪鼻 FATA Stick Resonator FR602XUL (GOSEN)
 リール:スピニング2000番
 使用ルアー:FATA Resonator sp 1.8g (GOSEN)
 使用ライン:FATA Resonator FC 3lb (GOSEN)

▲蹈奪鼻Д肇薀Ε肇蹈奪562UL
 リール:スピニング2000番
 使用ルアー:FATA Resonator sp 2.3g (GOSEN)
 使用ライン:FATA Resonator PE 2.5lb (GOSEN)

コメント

今年もまた服部緑地ウォーターランドの釣り堀がオープンしていると聞きつけ
ゴーセンタックル一式抱えて釣りに行ってきました。

やっぱり休日は人がいっぱい!
エサ釣りエリアもルアー専用エリアも大賑わいでした。
私はルアー専門エリアの方にお邪魔して...空いているスペースに入らせていただき
釣りをはじめました。

タックルはFATA ResonatorのトラウトロッドFR602XULを使用してみました。
ロッドグリップのデザインも木目調で高級感が溢れ、そういった部分でも釣り人の
テンションを上げます!
ラインは、FATA Resonator FC 3lb を使用しました。
リトリーブ中のルアーの動きが鮮明に伝わってきて、魚体にラインが触れる感覚まで
わかるほどでした。
キャスティングもスムーズで思った以上に飛距離も出ます。
いざ、魚がかかってもティップのスムーズな食い込みでフッキングさせ、細身ながらも
パワーのあるやり取りで取り込みまで余裕でした。

ルアーは Resonator spを使用し、カラシと蛍光ピンクのローテーションが中心で、
この日、反応がよかったのはカラシでした。
深場を狙うなら赤金、オレンジなどのゴールドでキラキラアピール系の方がいいかもです。

今回は短時間でしたので、もっと釣りしたい感が残っていましたが、次回は大物との対決も
夢見ながら釣り場を後にしました。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る