釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ PETタナゴ糸で鮎友釣?(滋賀県)

RSS

PETタナゴ糸で鮎友釣?(滋賀県)

2020/09/17

名前
森松和男
釣果
鮎(124匹)
釣行場所
姉川
日時
2020年8月30日
フィッシングスタイル
友釣り
タックルデータ
ロッド:7.5m

水中糸:感激フロロ 0.175号(GOSEN) 
    PETタナゴ糸 0.15号(GOSEN)
ハナカン結糸:感激ハナカン結糸(GOSEN)

コメント

8月30日(日曜日)滋賀県姉川へ釣行。
最近、和歌山県などの河川では頻繁に夕立があり濁っては澄みを繰り返し、毎日のように川がリセットされるので掛かりだしているようだ。
しかし、今回は少々鮎は小さいが三桁を目標に湖産鮎を求めこの川へやってきました。
情報によると、昨日私の知り合いが200匹以上掛けたとの事で期待は大きい。
ポイントに到着すると、水量は減水気味で釣りにくそうだが、感激フロロで泳がし釣りを行うとすぐに「コン」と小さな当たりで見逃しそうだったがテンションを掛けるとぐぅ〜んと下へ走った。
当たりは小さいが引きがよい。タモに入ったのは、15僂阿蕕い琉召任△辰拭
そのポイントで泳がせで釣を続け数を増やすが、引いて掛かったらその方が勝負が早いと思いポイントを瀬に変更。すると、囮鮎を入れるやいなや「コン」ぎゅ〜ンで20僂曚匹琉召かかった。
引いて掛かることが解ったので、一瀬で30匹ほど追加し午前中を終了。
昼食をとり、上へ徒歩で移動、チャラ瀬を狙う。
午前中、あたりが小さかったので水中糸をPETタナゴ糸0.15号に変更、このラインはポリエステルラインの為フロロに比べ感度がよい、案の定「コン」と言うあたりが「ゴン」と手元に来るようになり小さい鮎でも面白く釣が出来た。
気温も上がり気温との体力勝負と思ていたら私の体力より鮎の体力が旺盛になり掛かる鮎も真黄色になって来た。釣れる鮎釣れる鮎が真黄色でいつしか入れ掛かりとなった。
中には、追星が3本ある鮎も混じていった。
結局、午前中52匹 午後から72匹で合計121引きでした。
目標達成!!
よく釣れる川ですが、9月1日から禁漁に入る為、次回この川での釣行は来年となります。
残念です。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る