釣況レポート

GOSEN FishingTV
FISHING WEB CATALOG
商品紹介
  • マルチパーパス
  • ソルトウォーター
  • 船
  • 投
  • 磯
  • ハリス
  • 石鯛
  • ワイヤー
  • トラウト
  • 鮎
  • ブラックバス
  • その他フレッシュウォーター
  • プロフェッショナル
  • オリジナルグッズ
  • EXPORT MODEL
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋PEで濁りの中、キスゲット!!(静岡県)

RSS

砂紋PEで濁りの中、キスゲット!!(静岡県)

2021/06/22

名前
小野山太
釣果
キス 14僉20僉17匹
釣行場所
静岡県静岡市清水区興津
日時
2021年6月19日 9時〜13時
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
ロッド:ジーシスX 30−405
リール:スーパーエアロXT
道糸 :砂紋PE×8 0.8号 200m 砂紋PE×4 0.3号 250m(GOSEN)
力糸 :テクミーテーパー力糸 0.4号〜6号 13m(GOSEN)
モトス:スーパーホンテロンGP 1.5号(GOSEN)
ハリス:スーパーホンテロンGP 0.6号(GOSEN)
おもり:デルナー天秤 30号
餌  :赤イソメ(ジャリメ)

コメント

6月19日に興津川河口にて投げ釣りを行った。前日の雨で濁りが心配だったが、海の色は良く、釣れそうな気配。先日、ゴーセンフィールドスタッフの望月憲二さんがこの場所でキスの5連掛けしたとの連絡を受け、同じ場所で竿を出すことにした。この日は90%雨の予報で夜中から大降りの予測だったのであまり雨が強ければやめようかな!と思っていたが実際は空の雲も薄く、これなら竿を出せると思い、遅めの9時前の釣り場到着。すでに釣り人が3人いるので釣れているのでは?と心弾む。根掛りする場所があるため、道糸は砂紋×8 0.8号を選択。6本針を付け、5色半から手前を探る。するとコンコンとアタリが来たがそのままさびくと根掛かりがあり、「魚が落ちる!?」とひやひやしたが、回収すると14僂離スがついていた。その後もその根の周りで3投連続キスをゲット。その後根の周りを攻めるがアタリは来ない。周りもあまり釣れていないようでどうしようか考えていると、望月憲二さんが浜に登場。手を振ったが気づいていないようで向こうの方に行ってしまった。場所を変えながら投げていたが、根がないところにはキスがいないようだった。すると。望月憲二さんから4連掛けの写真が送られてきた。すぐに隣に行き釣りを再開。5色以上や3色半などでアタリがあるとのこと。沖にボートが釣りをしており、6色半以上投げれば釣れるとのアドバイスをもらい、道糸を砂紋PE×4 0.4号 250mにチェンジし針数を4本に落としてフルキャスト7色手前からゆっくりとさびいたり、時には止めてなるだけ遠くでキスを釣るよう心掛けた。するとあたりはないがさびく時に少し重さを感じる。巻き上げてみるとキスの3連掛けに成功。その後も2連、3連と投げるたびにキスがついてくる。しばらくすると波が高くなってアタリも出なくなった。そこで場所を移動。すると濁りが薄く釣れそうな感じの波の立ち方、望月憲二さんは1色手前を狙い、直ぐにアタリをゲット。次々にキスを釣り上げる。私は遠投をしたがアタリがこないのでちょい投げに作戦変更。すると半分色でキスの2連掛けに成功。その後、波が落ち着いたが手前のキスのアタリがフグのアタリに変わった。そこでまた遠投に切り替えて6色で20僂離スを釣り上げることが出来た。刻々と波の状況が変わるにつれ、キスの居場所も次々と変わる。次はどこにキスが移動するのか考えながら仕掛けを打つ場所を選択していけば釣果が変わってくる事を教わった。梅雨の時期は雨が降りやすく河口は濁りやすいが、河口にいるキスは濁りに強く、餌を必死に探しているため、餌を見つければ高確率で食ってくる。あとは針にうまく掛け、釣り上げるだけだ。状況が良ければまだまだ釣れるだろう。これからが楽しみである。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る