釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ゴーセンラインで結果出し!

RSS

ゴーセンラインで結果出し!

2013/01/29

名前
小野山 太
釣果
10センチのメゴチと14.8〜7.7センチのキス、計4匹
釣行場所
静岡県静岡市清水区
日時
1月26日
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
竿:がまかつ エクサプロ33−405 
リール:シマノ スーパーエアロXT 
道糸:タフビート投げ200メートル巻き0.6号
力糸:ゴーセンテクミーテーパー力糸遠州0.6号〜6.5号〜6号
重り:いのまた釣具店オリジナル天秤木錘27号
砂ずり:ゴーセンフロートラインM&V1.75号1メートル
モトス:ゴーセンホンテロン0.8号ハリ間隔33センチくらい
ハリス:ゴーセンホンテロン0.4号3センチくらい
ハリ:キススペシャル4号6本針

コメント

1月26日に静岡県静岡市清水区にて投げ釣りを行った。
この日は強い寒気の影響で外海は荒れうねりが入っている。竿が出せてキスがいそうな場所は港の中。清水港は大型の船が入る為、水深が深いところが多い。冬を越すには絶好の場所だ。しかも航路にはカケアガリがあり、ゴミもたまっている可能性はあるが、砂地であれば船が通るたびに砂が舞い上がり餌が掘り起こされる。必然とキスが寄っている場合があるのだ。ただ注意しなければいけないのは船が通るたびに仕掛けを回収しないとトラブルになること。船は釣り人が竿を出していてもよけてくれないので周りに気を配り、船の音がしたら即回収し、トラブルを避けていただきたい。
実は今年に入ってキスはまだ釣る事が出来ていない。初キスを拝みたくて気合が入る。同行した佐野さんは1投目からキスを釣り上げる。13センチと小さいが、今年に入ってもう100匹以上釣っているそうだ。冬は日ムラが多く、まったく釣れないときもあるが、キスは常に餌を追って砂地を回遊しているので、海が荒れる前などに爆釣することがあるのだ。
佐野さんはピンギス中心だが、一投げ1匹!連続ヒットで4匹を釣り上げた。
私の1投目はキスのアタリがきたが針にかからず空を引いてしまった。続いて、3色くらい投げてゆっくりとさびいていると、根掛り?いや!巻くと重いのが上がってくる。ロスした錘や仕掛けを引っ掛けたのか、江木などがかかったのか・・・ビックリするものが上がってきた。なんとでかいハマグリのような貝が上がってきた。
何とか初キスをゲットしたかったので仕掛けをピンギス用にチェンジ。サイズが小さいので針はキススペシャル4号、ハリスはホンテロン0.4号、モトスはホンテロン0.8号で1番目の針から錘までのモトスの長さ(スナズリ部分)をあえて短くし、餌が暴れて見えるように工夫した。
その結果、半色で小さいがブルブルがきたので軽く緩めて他の針にかかるようにステイさせてしばらくたって慎重に回収すると10センチのメゴチと7.7センチのキスをゲットした。その後、空を何回か引いたあと、今度は2色でアタリをゲット。この日最長の14.8センチを釣る事が出来た。時間が無かったので1匹を追加して納竿とした。
 何とか初キスを拝むことが出来た。冬は寒く、キスも、人間の活性も低いが、シーズンに向けて日々練習あるのみ。これからが楽しみである。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る