釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ タイニーリーダーFCのおかげでメバル大漁  東京都

RSS

タイニーリーダーFCのおかげでメバル大漁  東京都

2016/05/05

名前
林 隆之
釣果
メバル 20cm〜29cm 50匹
釣行場所
東京湾
日時
平成28年4月24日 22時〜1時
フィッシングスタイル
ボートメバリング
タックルデータ
ロッド:Legacy`SC AIR STINGER 610LS(APIA)
リール:SoareCI4+ C2000PGSS(SHIMANO)
ライン:MEBARIN 0.2号(GOSEN)+タイニーリーダーFC1.25号(GOSEN)
ルアー:オクトパス(34)、アジリンガー、アジアダー(reins)
Gulp! ALIVE! Baby Sardine 2inch(Berkley)
バッカン:リミテーションセミハードバッカン(GOSEN)

コメント

GOSENフィールドスタッフの林です。
今回は木更津のKAZUボートさんにお世話になり、好調な東京湾のボートメバリングに行ってきました。
1か所目のポイントは数が出るもののサイズが伸びず、直ぐに移動。2か所目のポイントはシーバスがうじゃうじゃいるのが目視出来るもののおとなしく、釣りやすい状況でしたが、メバルもおとなしくすぐに移動。
この日は風もなく穏やかだったため、急遽マル秘ポイントへ。
テトラ帯を流して打っていくと良型が連発。基本的にはテトラ際をフォールしたところでのあたりでした。ボトムは海藻帯のため、フォールしすぎると根掛かりしてしまいますので、レンジコントロールは比較的シビアでした。
テトラ帯を流していく中で、明暗と潮がテトラに当たって一か所だけ反転流が起こっている場所を発見。こういう場所は比較的大きいメバルがついています。
ここでは反転流に乗せながら巻きフォールを入れたところ直ぐに答えが返ってきました。ロッドはバッドから曲がり、今までとは明らかに違う。根が荒く潜られないように強引にファイトをするが、なかなか水面に上がってこない。
静かな海にドラグ音が響き渡ります。ある程度浮かせてからは丁寧なファイト。
そして目に飛び込んできたのは体高のある立派なメバル。内心「これは尺いったかも・・・」と思っておりました。無事ランディングをし、計測したところ、29cm。残念ながら尺メバルには1cm足りませんでした。
同じ場所で、同じ攻め方でその後28cmをゲット。
充分に楽しんで帰船しました。

テトラ際をガンガン攻めたにも関わらず今回使用したメバリンはラインブレイクすることなく楽しめました。その背景にはタイニーリーダーFCとのバランスや摩耗性の高さがトラブルなく過ごせた要因だと感じております。たかがリーダーと思われるかもしれませんが、リーダーを侮ると特にライトゲームはトラブルに発展します。タイニーリーダーFC、オススメです。
尺メバルには届きませんでしたが、28cm、29cmと大型メバルを釣り上げ、満足できる釣行となりました。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る