釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ メバリン+タイニーリーダーで釣果満足!  愛媛県

RSS

メバリン+タイニーリーダーで釣果満足!  愛媛県

2016/05/11

名前
礒亀 智
釣果
メバル,アジ,サバ マダイ50cm
釣行場所
愛媛県 離島
日時
平成28年5月7〜8日
データ:晴れ、大潮(月輝面0.3%)、21時59分:366cm 満潮:松山
フィッシングスタイル
ライトタックルゲーム
タックルデータ
ロッド :月下美人AIR AGS AJING 64LRS(Daiwa)
月下美人 MX 74UL-S他(Daiwa)
リール :ルビアス1003(Daiwa)
セルテートフィネスカスタム2004(Daiwa)他
ライン :メバリン0.3号(GOSEN)
リーダー:タイニーリーダーFC 4Lbs(GOSEN)
     タイニーFC AJI 2.4Lbs(GOSEN)

コメント

毎年、恒例の離島遠征に、Fさん、N君と釣行した。
渡船はいつもお世話になっているセトウチフィッシングさんにお願いし、愛媛県の離島沖の一文字に渡していただいた。
メンターゲットは、メバル、アジで、その他スズキやマダイなど常夜灯に集まってくる魚を狙い朝までぶっとおしで12時間釣り続けた。

アジはジグヘッド単体で、尺には届かなかったが25cm級が主体で終始、夜間、釣れ続き楽しませてくれた。
メバルは、私とN君は、まずジグヘッドで、Fさんはお得意の青虫の胴付でアプローチしたが、両者とも喰いも渋く、釣れても小型ばかりで今年のメバルは悪いのかねとFさんと話をし、まずはアジングを楽しんだ。

日も暮れ、潮も順調に動いているなか、時折、メバルがライズしていたので、私はトップでのメバル狙いに切り替え、鉄板のリッジをキャストし、たまにアクションを加え、魚に存在をアピールさせた後はラインにテンションをかけてほっておく、ホットケメゾットを試してみた。
すると、ワームへの反応とは嘘のように良型メバルが爆釣モードに入り、朝方まで釣れ続いた。捕食スイッチが入っているメバルに対するプラグでの釣りは、左程テクニックはいらないが、トッププラグ、サスペンドプラグを次々に試し、その日のベストルアーとパターンを見つける楽しみ方はある。
トップでメバリングを楽しんでいると、ふと沖合の明暗部にメバルとは違う気配を感じ、リッジをフルキャストした。
ルアー着水後のステイでヒット!フッキングを入れると全く動かないため大物と確信し、ドラグ調整する。ラインはゴーセンのタイニーFC AJI 2.4Lbs、0.6号の直結。以前にも同ポイントで同じラインを使い50cm級のマダイを釣りあげていることもあり、ラインを信頼して魚を弱らせながらラインを巻き取っていく。魚影は見えなかったが、途中からマダイと確信して慎重にやり取りを楽しみ、N君にランディングしてもらい無事、獲物を取り込んだ。

今回使用したロッドは6.4ftのアジングロッドで短かったため、ラインへの負担は大きかったが、ゴーセンラインのおかげで無事取り込めた。
あがってきた獲物は、50cmのピンク色で綺麗なマダイであり、N君も感動していた。
この感動も山や川そして海など大自然が私たちに、ほんの少しだけ恵んでくれているもの。釣りを次世代、そして次の世代にも繋げていくため大切にしていきたい。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る