釣況レポート

ゴーセンオンラインショッピング
FISHING WEB CATALOG
Export model
FATA
商品紹介
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 太刀魚シーズン前のライン巻き替え(広島県)

RSS

太刀魚シーズン前のライン巻き替え(広島県)

2020/09/17

名前
中村幸春
釣果
太刀魚
タックルデータ
ライン:DIVER x BK 1号 200m (GOSEN)
DONPEPE 8 200m 1.2号 1.5号 (GOSEN)
DIVER X BK 1号200m(GOSEN)

コメント

太刀魚の LINE巻き替え

この時期、太刀魚GUIDEが本格的に始まる前に、ラインを巻き掛けている
青物用にGOSEN  DONPEPE 8 200m 1.2号 1.5号〜 剛戦 JIGGING 
BRAID0.8号 200mとGOSENの新製品でDiver x BK1号200mこのLINEは 太刀魚の噛み切られ防止で1
0m位置にマーカーがあるが他は 全部 BLACK LINEかなり昔に、烏賊釣り用にBLACK LINEがあったが、姿を消した「BLACK LINEがあればエエけどね」と話をしていたら、なんとGOSENが発売してくれ
た。

太刀魚は とにかく動く物は 大小関係なく 噛むことが好きな魚、手当たり次第、動く物は 何でも噛む癖があるみたい
夢天仕掛けは ヒロミ産業のRainbowと夢天だけで軽く 2000円は掛かるそんなのが 1釣行5回もあると 凹んで帰港する羽目になる
超Loing テーパーラインも愛用していた時期があるが、その時はやはり 噛み切られは少なかった。
しかし、抵抗が凄くて夢天6号や 3号は扱えなかった。
GUIDEをしていると、もの凄くアタリの多い人と、少ない人
さらに 噛み切られる人。
全く噛み切られない人と見えてくる
アタリの多いのが、間違いなく 夢丸では ゴリさんオイラがどーやっても釣り負ける
彼が使用するのは 0.6号のPEに2号のFLUOROCARBON1m程超シンプルだけど、アタリはダントツNO1
さらに 茅重君も0.6号に2号1mで挑む、やはり アタリが多いいが、噛み切られ方が半端ないActionの違いと感じる。
太刀魚も極細時代に入った、そしてActionもすげー大切。じっと巻きだけではアタリすら出ない重要なのは太刀魚が多い海域と釣れる船を選ぶこと
そして、良くあたる餌と仕掛け、まずはアタリが出る仕掛けとAction。さらに、かぶりつく 旨い餌ヒロミ産業社のRainbow掛かりの良い夢天逆刃
そして 少しでもRiskを軽減できるBLACK LINE
今年の太刀魚は接岸はしている模様

暑いぜ〜
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る