釣況レポート

GOSEN FishingTV
FISHING WEB CATALOG
商品紹介
  • マルチパーパス
  • ソルトウォーター
  • 船
  • 投
  • 磯
  • ハリス
  • 石鯛
  • ワイヤー
  • 鮎
  • プロフェッショナル
  • トラウト
  • キャップ・小物
  • EXPORT MODEL
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ ルミナシャインとタイニーPEアジで朝まで通し!(山口県)

RSS

ルミナシャインとタイニーPEアジで朝まで通し!(山口県)

2022/06/03

名前
礒亀 智
釣果
メバル,アジ 
釣行場所
山口県 島しょ部
日時
令和4年4月23,24日
晴れのち雨、小潮(月齢22.9)、3時29分:258cm(24日) 満潮:松山
フィッシングスタイル
メバリング,アジング
タックルデータ
ロッド:GRF-TR74electro
リール:ルビアス1003
ライン:ルミナシャイン1.9lb #0.4(GOSEN)
タイニーPEアジ 5lb #0.8 (GOSEN)
タイニーリーダーFC 3lb #0.8 (GOSEN)

コメント

4月23日から24日の朝まで通しの釣りに、釣り仲間のFさん、M君と挑んできました。
23日、倉橋のセトウチフィッシングさんにお願いして、島へ渡してもらいました。
Fさんはいつも通りの虫エサで、メバルやアジ、何故かイソベラを狙い、M君は初の離島遠征で、投げ釣りをしながらメバリングを楽しみました。
当日は、潮が小さく、中々動かず、アジも単発的にしか釣れませんでしたが、夜が更けて潮が少し動き出すと、メバルのライズが始まり、トップのミノーで良型のプリプリメバルが入れ食い状態になりました。
トップで釣れるメバルは、ミノーに食いつくと一機に底に走るので、久しぶりに気持ち良いパワフルな引き味を堪能できました。
ミノーやワームを色々試しましたが、この日はリッジ35Fが抜群の活躍をしてくれました。メバルをトップで狙う場合、それほどルアーを泳がす必要はなく、基本的には動かして止めた時にバイトが多発します。リッジはキックバックする角度、動きなどが絶妙で、もう10年以上一軍で活躍してくれています。
ラインも重要です。今回使用したタイニーPEアジなどのPEラインは風や潮の流れを考えながら、キャストするポイントを決めて、明暗部を意識してミノーを泳がせたり、流すことで、ヒット率や釣れる型が変わります。暗いポイントでヒットさせるよう心掛ければ良型メバルに出会えます。
日が変わると雨も振り出し、修行となりましたが、メバルは18cm以上のキーパーだけでクーラーがいっぱいになるほど楽しませてくれました。また、M君は投げ釣りで50cmの真鯛のほか、エイ、アナゴなど釣って遠征を堪能することができました。
このポイントで釣りが出来るのも、長年、倉橋で漁をしながら瀬渡しや船釣りを続けてくれているセトウチフィッシングの船長のおかげ。優しい船長の健康を願いながら、感謝して釣りを楽しませてもらっています。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る