釣況レポート

GOSEN FishingTV
FISHING WEB CATALOG
商品紹介
  • マルチパーパス
  • ソルトウォーター
  • 船
  • 投
  • 磯
  • ハリス
  • 石鯛
  • ワイヤー
  • 鮎
  • プロフェッショナル
  • トラウト
  • キャップ・小物
  • EXPORT MODEL
Export model
※当サイトでの販売は行っていません。
HOME ≫ 釣況レポート一覧 ≫ 砂紋PE×8で夏休み満喫!(静岡県)

RSS

砂紋PE×8で夏休み満喫!(静岡県)

2022/08/05

名前
小野山太
釣果
キス イトヨリダイ ハゼ マダイ トラギス 
クラカケトラギス ヒメジ ヒイラギ   16匹
釣行場所
静岡県静岡市清水区三保海岸
日時
2022年7月30日 9時〜11時
フィッシングスタイル
投げ釣り
タックルデータ
ロッド:競技スペシャル供30−400
リール:スーパーエアロXT
ライン:砂紋PE X8 0.6号(GOSEN)
力糸 :テクミーテーパー力糸 0.6号〜6号(GOSEN)
ハリス:スーパーホンテロンGP 0.6号(GOSEN)
モトス:スーパーホンテロンGP 1.5号(GOSEN)
ハリ:競技キススペシャル6号
おもり:デルナー天秤 27号
餌  :赤イソメ(ジャリメ)

コメント

7月30日に静岡県清水区三保海岸にて投げ釣りを行った。
台風通過によりうねりが入っており、外海は大荒れ。投げ釣りのできる場所は限られており、港の中かこの浜か悩んだが、何とか子供に釣らせてあげたいと三保の先端に向かった。
濁りが入っており、ゴミもかなり見えるが風が弱く、竿を出せる状態。早速準備しフルキャスト。
7色付近に着水、糸ふけを取りそのまま置き竿、もう1本の竿を準備している間に置き竿にアタリがきている。
ゆっくりと持ち上げるが何か魚がかかっている。娘に竿を渡し、魚がかかっているかさびいてもらう。
すると「魚ついている。」とアタリを確信。巻き上げてもらうとなんとイトヨリダイが付いていた。
後から計ってみると29センチあったがこれにはかなりビックリ、水深があるところだがめったに釣れない魚を釣ることが出来た。
続いてもう一本の竿を置き竿から手に持ち替える。すると何だか重いし引っ張ってくる。
手前のゴミに気を付けながら回収すると、ヒイラギ、ヒメジ、クラカケトラギスの3連掛けに成功。
その後も投げて置き竿を繰り返す。仕掛けを回収するたびに魚が付いてくる。
ヒイラギ、マダイの稚魚等、キスを狙うが外道ばかり。手前を攻めてみるがエサがそのまま針についたままで魚がいない。
砂紋PE×8 0.6号を使用しているため、ラインの滑りが良く、遠投が可能。感度もよく、アタリが良くとれる。
しばらく投げて置き竿を繰り返し、キスが釣れない為、別の場所に移動することにした。
続いてやってきたのは港の中。すでに釣り人はいっぱいいるが竿を出すことにした。
準備して1投げ目、6色くらいでアタリが来た。娘に渡し、アタリを楽しんでもらう。針にかかった魚を落とさないように丁寧に回収。
上がってきたのは16センチのキス。本日の本命をゲット。
その後もハゼ、マダイを釣り上げ納竿とした。
夏休み期間なので子供達と竿を出したが十分に楽しめることが出来た。
今年は特に暑いので熱中症対策、コロナ対策をしっかり行い。楽しんでいきたいと思う。
これからが楽しみである。
  前のページへ   次のページへ

バックナンバー

前のページへ

▲ページのトップに戻る